読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

がちゃがちゃの口コミ!

「ぱんぱん」「どすん」など!わかりやすい言葉に!その音にあった絵が描かれています。なかなかおしゃべりが進まない息子がこの絵本だけは嬉しそうに自分で声を出してよんでくれますとても単純でたのしいえほんです出産祝いの一冊として。2歳になるころにはボロボロに。

コレです!

2017年03月31日 ランキング上位商品↑

がちゃがちゃがちゃがちゃどんどん [ 元永定正 ]

詳しくはこちら b y 楽 天

1歳2ヶ月ですが大喜びで毎度よんでます。「どんどん」と「どさん」が大好きです。絵と擬音だけですが!とても楽しいようで何度も読んでいます。★は10個くらい行きたいです!子供の一番のお気に入り絵本が「もこもこもこ」なのですが、その絵を描いている元永さんが著者で、雰囲気も似てそうなことから購入。1歳後半では、自分でめくって読むのにちょうどいいページ数です。読む人によって雰囲気が変わるのも楽しいようです。もう本がダメージ・・笑 でも!傷がつくほど愛してる本。毎日とっても楽しくぺらぺらめくってます。日常にあふれるいろいろな音を絵に表している本です。ゴーンやポチョン。外出先で見て!こどもが好きそうだったので購入。毎月定期購入している絵本の配本の一冊でした。内容は意味不明ですが!もう!子供は夢中です。何冊も皆様のレビューを見て絵本を買いましたが大概惨敗・・・。みんなの大好き絵本。あまり子供に媚びるような絵柄でないところも、一緒に読んでいて気分がいいです。保育士していたとき!1才クラスでストーリーもわからないこどもたちがいつも目を輝かせてみてました。同じお悩みの方、一度チャレンジしてみてください。0歳児から楽しめる本だと思います。簡単なのでことばもすぐに覚えられます。グニャグニャ〜など声色かえたり、くすぐったり、読み方をかえるとすごく嬉しくなるようで、言葉が話せるようになると、ページめくる前からもう先取りしていってます。擬音語が相当面白いようで!「もこもこもこ」よりも気に入ってくれてます。1歳前半では!単純な絵や!その言葉の響きをおもしろがるでしょう。あまりにもシンプルで!読み手の感情移入は難しいですが!子供は気に入っています。うちの子は数日読んだら他の本より格段にいい反応をしてくれました☆元永 定正さんの絵本では!「もこもこもこ」「ころころころ」の方が有名かも知れませんが!同じタイプの絵本でどれを買おうか迷っているならば!間違いなくこの絵本をおすすめします。図書館で何気なく借りたのですが予想以上のヒットに購入しました。この本好きです9ヶ月になって見せましたが!すごい反応ぶりです。人間シンセサイザーになったつもりで読むと!親子ともに楽しく過ごせます。ちなみに!本のサイズは21.5cm×20.5cmです。自分たちでページをめくりながら!絵を見て音を覚えているらしく声に出して読みながら遊んでいます。我が子に購入したら大正解。お話ではありませんが、1歳の娘だけでなく、3歳の息子もお気に入りの一冊。大人には理解できない“何か”が子供の心を鷲づかみするようですよ。1歳半の息子のブームです。これも超定番の絵本ですね。一番!取っつきやすいです。おすすめです音と絵がピッタリ!この絵本の雰囲気に見覚えがあるな〜と思ったら「もこもこもこ」の作者さんでした!あっさりしすぎて物足りない感じでしたが、1歳8ヶ月の息子は好きみたいです。この作者の絵本は、他のも大ヒット揃いです。。おもちゃには色々なタイプのものに関心をもつのですが絵本より体を動かすことが大好きな息子に買いました。どちらかというと初めての読み聞かせ向きという印象です。当時1歳3ヶ月ころだったのですが、文章も短くなんとか聞いてくれた嬉しい思い出の本です。うちの娘は!2歳になる頃!全部覚えて!まるで読んでいるかのようにページをめくりながら話すので!「もうひらがなが読めるのよ!」なんて親戚に披露したり出来ました^_^;気が早いですが!お腹の子のために☆大人には意味フメーのちんぷんかんぷんな内容ですが(笑)子供は喜ぶのでしょう・・・☆2歳の子が!内容も絵も大好きです。